RECRUIT

ホーム > 採用情報 > 従業員座談会

従業員座談会

それぞれの現場で活躍する従業員に
仕事のこと、仲間の事、職場の環境について
語っていただきました。

大窪 健太郎

大窪 健太郎

営業課 主任
入社4年目(2014年入社)

営業課に所属しお客様と自社との橋渡しの役割を担っています。

萩原 夏帆

萩原 夏帆

購買課
入社4年目(2014年入社)

工場内で使うドリルなどの消耗工具や、手袋、油などの購入手配をし、各工場へ納品しています。

中川 泰介

中川 泰介

第2製造課 課長
入社6年目(2012年入社)

お客様や取引先との価格交渉や新規立上げ品の準備など、生産管理・営業・生産技術を兼任しています。

中作 和城

中作 和城

第2製造課3係 副係長
入社13年目(2005年入社)

製造現場で試作品の加工をしています。

大窪鐵工所の職場の雰囲気を一言でいうとどんな感じですか。

大窪:とにかくみんな和やかで仲がいいと思います。
工場・事務所を含めて。

中川:自分が担当してる工場だけじゃなくて、他の工場もみんな仲いいよね。

萩原:年が離れてても、ほんとに気さくに話せますね。

大窪:役職も関係ないですしね。

中作:役職のある人も基本的に「さん」で呼んでますね。
あ、健太郎くんは名前だね。

中川:健太郎は、「健太郎」でみんな慣れてしまってるからね。
「大窪さん」て名字で読んだら社長と一緒になってしまうし。

大窪:そうですね。
僕は電話でも「大窪健太郎です」って言っていますし、これからもずっと、このままみんなに「健太郎」って気さくに話しかけてらえたら嬉しいなって思います。

作業や仕事をされる中でここが大窪鐵工所の強みと感じるところはどこですか?

大窪:活躍している若手社員がめちゃくちゃ多いことですかね。

中作:たしかに。
中堅社員の年齢が若いんですよね。

中川:全体的に35歳くらいかな、絶対40歳は超えてないと思う。

大窪:若い人が多いのでマンパワーが強味ですね。

中川:働いている人が若いっていう意味で伸びしろがあると思います。
5年後10年後とか特にね。

インタビュアー:今後の伸びしろが期待できる若手社員が多いということですね。

中川:はい。目指すべき先輩と年が近いので目標が作りやすいんです。
新入社員が、勤続40~50年くらい働いてる年配の方を目標にするよりも現実的だと思います。

大窪鐵工所のいいところはどこですか?所属部署を変わりたいと思ったことなどはありますか?

大窪:とにかく働きやすいです。
やりがいもありますよ。

萩原:品質保証課は手に職をつけるというか、技術が自分の身になっていいなあと思います。

中川:なるほど、ミクロン単位で必要な検査を適切に行う、そして検査結果が適切かどうかも判断するっていうことだよね。
品質保証課の人が聞いたらきっと喜ぶと思うよ。

大窪:僕は本当に踏み込んでやりたいと思うのは品質管理ですね。
資格検定を受けて、奥が深いなと思って。
でもそれは今のポジションでも自分がその気になれば注力できる仕事でもあるので部署を変わる必要はないですね。

採用情報トップに戻る